女性

美容外科を利用した小顔になる方法とは【優良医院を受診しよう】

小顔になる方法を把握

顔を触る人

小顔になる方法を見つける

エラが張っていると顔が大きく見えてしまう、輪郭を変えれば子顔になる方法があるなど、インターネットの情報サイトなどには手術による子顔になる方法を紹介しているケースもあります。また、美容整形外科ではエラ骨を形成する外科手術を行って子顔になる方法についての説明をしている事も少なくありません。エラ骨をどのようにして手術を行い、小顔になるのかを知りたい時には、美容整形外科の診療メニューから子顔を選んで手術の方法について把握しておくと良いでしょう。小顔になる方法の一つでもあるエラ骨形成には色々な手法があると言われています。同じような方法で小顔の施術を行っている美容整形外科もあれば、その病院独自の手法で小顔を作り出す手術を行っている所もあるなど様々です。例えば、顎角部皮膚骨分割切除術と呼ぶエラ骨形成があります。名前を見てもどのようなやり方なのか分かりませんし、手術名の中には切除の文字があるため、不安に感じる人も多いと言えましょう。この手術法の場合、自然な輪郭を維持した状態で小顔を作り出せると言われています。エラ骨を単純に切り落とす方法もありますが、この方法では横から顔を見た時に不自然な見え方になる、正面から見た時には小顔になっていないなどのデメリットを持つと言います。顎角部皮膚骨分割切除術の手術法はドリルなどを使って骨を削る手法です。下顎骨は皮質骨と呼ぶ表面が硬い骨、海綿骨と呼ぶ内部が柔らかい骨で構成が行われているもので、2つの骨を分離させるための医療器具を挿入すると手術の難易度を下げる事が出来ます。最初に手前側の皮質骨を削って段差を作り、ここにドリルのような器具を入れて皮質骨と海綿骨を分離させます。医療用のノミを利用して分離を進めて行き、エラの皮質骨を取り除く、最後に周辺との段差を削って形を整える方法です。文章で読むとどのようなやり方になるのか分かりにくいかと思われますが、美容整形外科のウェブサイトを利用すれば手術内容についての詳しい説明がイラストなどを見ながら理解出来るようになっています。また、小顔になる方法にはどのようなやり方があるのかを知る事も出来るのが美容整形外科のウェブサイトです。世の中には美容整形外科が多数ありますが、病院が多くあるだけでなく小顔になる方法も病院毎に様々な手法を用意しています。ちなみに、ボトックス注射も小顔になる方法の一つ、薬剤をエラ部分に注入すると筋肉が縮小する事で顔が小さく見えるようになります。顎角部皮膚骨分割切除術などの方法は全身麻酔を施す、3〜4時間の手術時間が掛かる、ダウンタイムとして約1週間程度必要と言います。これに対してボトックス注射の場合には薬剤を注射器で投与する形になるやり方で、短時間で施術を終える事になります。麻酔なども必要ありませんし、ダウンタイムもなく日常生活を送る事が出来るメリットを持っています。ボトックス注射の場合は、一度施術を受けても数か月後には効果が落ちてくるため、小顔の状態が元に戻ってしまいます。しかし、一時的に顔を小さくしたい時などは簡易的な手法、繰り返し施術を受ける事で効果を持続させる事も可能です。