小顔になる方法本当にあるの?

美容外科を利用した小顔になる方法とは【優良医院を受診しよう】

費用面を比較しよう

ナース

美容整形外科で小顔になる方法には外科手術や薬剤の注入などがあります。いずれも保険治療が出来ないため、全額自己負担をする必要があるため、費用面についての比較も大切です。

小顔になる方法を把握

顔を触る人

顔を小さくしたいと考える女性は多いと言われていますが、メイクで子顔を作る人もいますし、美容整形外科を利用して小顔になるなど様々です。美容整形外科の公式サイト内では小顔になる方法を紹介してあります。

簡単にできる施術

医者

クリニックによって手法が違う

小顔になる方法の中でも簡単に出来るのがボトックスを注入するやり方です。ボトックスの場合は短時間で小顔になる方法として注目が集まっていますが、持続効果を長期間期待する事が出来ません。これに対して、骨を削り取るなどの小顔になる方法の場合は、輪郭そのものを変えるため長期間の持続効果を期待出来ます。但し、技術力を要する美容整形外科により得意不得意の手術法があるなどからも、過去の症例数が多い美容整形外科を選ぶ事が満足感を持つ手術に繋がります。骨を削ると言っても、顔の表面から行う方法や口の中から行う方法、中には耳の中から行う方法など様々です。口の横側の脂肪を切除する手法はバッカルファットと呼びます。加齢により下方向にたるんだ脂肪を口の中から取り出して切除する方法で、小顔の効果だけではなくたるみの改善や予防効果を期待する事が出来ます。ほうれい線は鼻の両側から口元に延びる深い溝、年齢よりも老けて見えてしまうのでコンプレックスに感じている人も多いのではないでしょうか。ほうれい線は筋肉のたるみなどで生じるもので、頬を吊りあげるように手術を行うと目立たなくなりますが、口の横側の脂肪を切除する事でもほうれい線や頬のたるみを改善する事が出来ます。また、見た目年齢を若くしたい人やぽっちゃりとしている頬を引きしまった形に変えたい人、小顔になりたいと感じている人などに最適な手術法がバッカルファットです。この手術は、口内を1cmから2cm程切開してから、バッカルファットと呼ぶ頬の脂肪を取り除いて行います。手術時間としては30分程度で済みますし、腫れが起きる事は少なく当日から洗顔やメイク、シャワーなども可能になるのでダウンタイムが少ない魅力も持っています。但し、ダウンタイムがないわけではありませんし、術後の腫れについても起きないとは言い切れません。口内法よりもダウンタイムが少なく、術後の腫れが少ないと言われているのが口外法です。口外法は小顔エラ骨切りなどと呼ばれている手術法で、エラが張っているのがコンプレックスに感じている人、顔が大きいと言われた事があり、これがコンプレックスになってしまっている人などに最適な手術法と言われています。勿論、口内法も小顔を作り出せる手術法になるので、どちらを選んでも良いわけですが、ダウンタイムが少ないなどのメリットがあるなどからも、口外法を選ぶ人も少なくありません。口外法は口ではなく耳の裏側からアプローチする手術法で、口内法と比べると手術の時間が短いメリットも持っています。これらは小顔になる方法の一例に過ぎません。美容整形外科にはそれぞれ独自のやり方を利用して小顔を作り出す手術を行っています。勿論、同じやり方で手術を受けて小顔を作り出す事も出来ます。手術法には色々なやり方がある同時に、美容整形外科には得意とする手術法もあるなどからも、症例数が多い病院を幾つか選んで比較を行っておきましょう。また、美容整形外科では最初にカウンセリングを受けて、施術法の説明や費用の支払い方法などについて確認する事が出来るので、気になる手術法を見つけた時などはカウンセリングを受けておくと良いでしょう。

プチ整形で小顔を目指す

カウンセリング

小顔になる方法にはプチ整形術の一つでもあるボトックス注射や外科手術などがあります。これらは美容整形外科で行われていますが、選ぶ時には実績を持つ病院を選ぶようにしましょう。